月別アーカイブ: 2012年10月

かなりのインパクト

2012/10/21 エピファネイア 新馬戦

エピファネイア、いい馬ですね~
シンボリクリスエス産駒って感じが全くしない切れ味で
母のシーザリオが強く出ている感じですね。
最後100Mの抜け出す脚がかなりのインパクトで、
ディープの新馬戦を観直して、比較したくらい^^;
DeepImpact 新馬戦

でも、僕がディープインパクトのレースで一番の衝撃を受けたのは、若駒Sですが。
このレースを観たときに過去にない衝撃を受けたことを今でも覚えてます。
とんでもない馬が出てきたぞって(笑)
DeepImpact 若駒ステークス

そして、この馬でも凱旋門賞勝てないのかと・・・

2012 秋華賞 予想(印だけ)

管理人なっちです。ども^^
秋華賞の予想、印だけ。
◎アイムユアーズ
○ハワイアンウインド
▲アロマティコ
△ジェンティルドンナ
△アイスフォーリス
×トーセンベニザクラ
×ブリッジクライム
×ヴィルジーナ
×ミッドサマーフェア
×ダイワズーム
サンシャイン
オメガハートランド
ローズSで先行押し切りで勝ったと言っても、前半スローで完全な瞬発力勝負。
前半34秒台のこのレースですんなりと立ち回れるイメージがわかない。
断然の1番人気馬を疑ってかかろうと思います。
かなり速いペースのオークスで4番手先行から4着に粘ったアイムユアーズが本線。
ハワイアンウインドは、52キロと言っても、ここ2戦の内容が相当優秀。
アロマティコは小回りのコーナーリングが抜群に上手い。このレースにはかなりの強み。
馬単ボックスと3連単で超手広く(笑)

2012 アロヨセコマイル(G2) 動画 トレイルブレイザー2着

管理人なっちです。ども^^
一昨日、BCターフ(米G1)前哨戦のアロヨセコマイル(G2) が行われました。
日本のトレイルブレイザーが2着と善戦。
この映像みると、本番が楽しみになりますねー^^
あ、でも、ぶっちゃけ相手関係とかあまりわかってませんが^^;
以下、レース動画と武騎手のレース後コメントです。
トレイルブレイザー 2012 アロヨセコマイル(G2)

武騎手のレース後コメントはこちらをクリック

2012凱旋門賞の映像(動画)と調教師・騎手のレース後コメント

管理人なっちです。
オルフェーヴル2着、惜しかったですね~ホント。
まず最初に。
オルフェーヴルとその関係者の皆さま
日本に感動をありがとう。
凄い手ごたえで直線抜け出したときは、ホント鳥肌が立ちました。
一瞬、楽勝するかと思いましたけどね~
それでも、世界最高峰のレースで、大外回して、早め先頭の横綱相撲の競馬。
負けて強し、一番強い競馬をしたのは、オルフェーヴルで間違いないでしょう。
タラレバを言えば、もうほんの少し仕掛けを遅らせられれば・・・とも思いますが。
あれだけ抜群の手ごたえで先頭に並びかけた時点で、
スミヨン騎手も楽勝できると思ったのだと想像できます。
内にヨレ続けていたところを見ると、やはり思い馬場と59.5キロの斤量が
最後の最後に響いたということでしょうか。相手は牝馬で58キロですし。
それでも、3着以降は7馬身以上開いてますからね。
オルフェーヴルは素晴らしい競馬だったと思います。
話飛びますが、メジロ牧場がなくなってしまった今、
オルフェーヴルにメジロマックイーン(母父)の血が流れていることが、
古くから競馬をやっている管理人には、すごく感慨深く嬉しく思います。
以下、凱旋門賞の映像と調教師・騎手のレース後コメントです。
凱旋門賞 オルフェーブルは 2着

レース後の池江調教師、スミヨン騎手のコメントはこちらをクリック

【的中馬券を追記】 凱旋門賞展望と2012 デイリー杯2歳S予想

管理人なっちです。ども^^
明日は凱旋門賞ですねー
昨年の覇者デインドリーム、スノーフェアリー、ナサニエルと、有力馬が続々と回避し、
オルフェーヴルに追い風吹きまくり!と思いきや。
大外18番という厳しい枠順に決定。アヴェンティーノの8番と逆だったら良かったのに^^;
で、凱旋門と言えば、3歳馬が有利。
だって、過去20年の優勝馬のうち、15頭が3歳馬ですからねぇ。
その3歳馬では、英国二冠馬キャメロットも怖いですが、
追加登録の仏ダービー馬サオノワが何とも不気味です。。
オルフェーブルは、フォア賞でスミヨン騎手が乗れたことと、コースを経験できたことは、
すごいプラス材料だと思います。
ただ、逃げた僚馬アヴェンティーノに内をスッポリと開けてもらって、
そこを抜けて来たわりに後続との差を広げられなかったのは気がかり。
それと、スミヨン騎手でも、前半抑えるのにかなり苦労していたように
今回の18番枠は、かなりマイナス材料になりそう。
僕が競馬を始めた21年前は、日本の馬が凱旋門賞を勝つというのは、
夢のまた夢という非現実的な印象でした。
でも、今は手の届くところまで来ているのは間違いありません。
もちろん、オルフェーヴル(日本馬)に勝ってほしい。
でも、何となく3歳馬に負けそうな嫌ぁな予感がするのは僕だけかな^^;
3歳馬キャメロットは、あのエルコンドルパサーが凱旋門賞で2着に負けた
モンジュー(当時3歳)の仔という・・・
1999 凱旋門賞 モンジュー エルコンドルパサー

このレースはねぇ、ほんと勝ったと思いました・・・
でも、実況の通り、よく頑張りました。名馬です。
さて、デイリー杯2歳Sの予想です。
週頭から本命は決まっていました。
メイケイペガスターが人気になることも予想でき(現状2.7倍の1番人気)、
3番人気くらいかなぁと思っていたその本命馬が、現状10.3倍の6番人気と嬉しい誤算^^
◎サウンドリアーナ
単勝勝負行きます^^
時計の出る馬場だったことを差し引いても、新潟2歳S3着の内容は相当優秀。
前半から中盤とかなり厳しい流れを5番手追走から、あわやの3着。
上位入線馬が皆、道中10番手以降、先行馬総崩れの中、1頭だけ粘り込んだ底力は、
このメンバーでは頭2つほど抜けている印象。
メイケイペガスターの人気は、新馬戦の勝ちっぷりの良さから想定してました。
ですが、前半38秒台での追走から中盤も緩い流れしか経験していない馬。
この流れを最後方に近い位置から、追い込んだ瞬発力と狭いところをこじ開けて
抜けて来た勝負根性は、優秀です。
でも、デイリー杯2歳Sは、前半34秒台と速く、中盤もそこそこ厳しい流れになります。
流石にこのペースの差、時計の差を一気に縮めることは難しいでしょう。
もし勝たれたら、この馬は一流馬ってことで^^
【10/6 11:40 追記】
じっくりと馬柱とレース内容みると、リアーナ以外にも好レースがたくさん^^;
テイエムイナズマ
ダンツアトラス
クラウンレガーロ
も有力です。
【10/6 22:15 追記】
リアーナの単勝に加え、追記で書いた3頭入れた馬単ボックスを追加して良かった。

テイエムとクラウンの組み合わせで、124倍はおいし過ぎます。
ひさびさの万馬券的中となりました♪^^
明日、明後日の資金ができました。