月別アーカイブ: 2012年1月

2012 菜の花賞 予想 ◎トランドネージュ

管理人なっちです。どもども。
今日のというか、今週の勝負レースは、菜の花賞^^
この時期の牝馬にはそこそこ中盤速く、厳しいレースになるレース。
◎ トランドネージュ
○ ミヤコマンハッタン
▲ サンキューアスク
△ ハッピーシャワー
△ パララサルー
× テラノイロハ
ここでは、トランドネージュの力が上位。
前走のひいらぎ賞7着は、前半、あの朝日杯より速いペース(34秒4)で逃げたもの。
0.4秒差7着は、負けて強しの内容。このメンバーなら逃げて押し切れる。
ミヤコマンハッタンは、同舞台の未勝利勝ち優秀。
2着ブライトライン(黄菊賞勝ち)、3着マイネルアトラクト(シンザン記念2着)の
その後の活躍でレベルの高さを証明。
ひいらぎ賞が僅差の5着のサンキューアスク。
展開向いた面も大きいが、牡馬相手で不利な外枠15番を考えると力上位。
◎単勝ガッツリと◎軸の3連系馬券を検討中^^

2012 京成杯 予想 ◎ブライトライン

管理人なっちです。ども。
今日は、京成杯のかなーりガチ予想です。
京成杯は、弥生賞よりも中盤淀みなく流れ、本番の皐月賞に近いペースとなります。
今年も飛び抜けた逃げ馬はいないが、有力馬のほとんどが先行馬。
淀みなく底力を要する流れを想定。
以下、各馬の評価です。
カフェコンセール・・・中山千六未勝利勝ちは、前半速いペースで中盤もそこそこ流れた割に上がり時計が優秀。距離延びていいタイプ。
プーラヴィーダ・・・前走の中山ダ千八の500万勝ちの時計が優秀。上手く流れに乗れればハマる可能性も。
スノードン・・・萩S勝ちも、京都千八では中盤が緩む展開。急流の朝日杯で12着と、中山の坂を乗り切る底力の実績がない。
ロジメジャー・・・スローの新馬勝ち後、2戦目での重賞挑戦では狙えない。
レッドシャンクス・・・同じ舞台のホープフルSは、前半速く中盤緩む先行馬有利な展開を後方からよく差してきた4着。底力勝負の実績ないが内で溜めて抜け出す一瞬の脚は、中山向き。
ジョウノバッカス・・・京都ダート千八を2連勝後に朝日杯挑戦。最後方からの競馬も、自身の前半3ハロンが36秒3なので、芝でも対応できるスピードを見せたのと、上がり3ハロンはレオアクティブと並ぶ34秒9と最速タイ。距離延びた方がいいタイプ。
アドマイヤブルー・・・2戦2勝馬だが、前走のホープフルSは、前半こそ35秒2と速いが、中盤緩んだ上がりの競馬。なのに中盤で追っつけ気味の追走と淀みない展開に不安あり。過剰人気。
ベストディール・・・東京千八の百日草特別勝ちの内容からも、瞬発力勝負に向くタイプ。急流の札幌2歳S4着の実績あるが、このレース3着のマイネルの方が断然強い競馬。
キネオピューマ・・・中山千六の新馬戦勝ちは、時計平凡も、ゴール前馬群を割って、一瞬で付き抜けた脚は魅力。ただ、底力の裏付けなく。
フレージャパン・・・ラジオNIKKEI杯13着、未勝利勝ちの内容含め買い材料なし。
コスモアンドロメダ・・・同じ舞台のホープフルS3着も、前半速い流れで中盤緩む短距離馬が残れる展開。本来はマイル前後がベストの馬。メンバー的にこの馬が逃げることになりそうで、同じように中盤緩めば、粘り込みも。
キープビリービング・・・中山千八の未勝利勝ちが、前半緩いが、中盤から厳しい流れで逃げ切った強い内容。前走の寒竹賞(中山二千)は、今回想定しているような淀みない展開を先行して7着。不甲斐ない結果だが、+16キロと重め残りが影響した。全く人気なく、連闘で面白い存在。
ブライトライン・・・京都千八外回りの黄菊賞は、急流を3番手から押し切る相当強い内容。ラジオNIKKEI杯5着は、内に押し込められ4コーナーで11番手まで下がるチグハグなレース。完全に脚を余した形。それと、見逃してはいけないのが、京都二千の未勝利勝ちが急流を2番手位から押し切った強い内容で時計も優秀。
マナウス・・・京都千八外回りの未勝利勝ちは、前半35秒1と速く中盤もそこそこのペースを大外ぶん回して差し切った。追えば追うほど伸びるしぶといタイプ。京都2歳Sも前半速くて中盤そこそこと同じような流れを2番手追走から、3着粘り込み。すんなり先行できれば面白い。
マイネルロブスト・・・札幌2歳Sは、グランデッツァを負かしに早め早めに動いて僅差の3着。このレースは馬場が悪かった点を差し引くと、中盤も速く相当レベルが高い。その後の朝日杯(マイネルロブスト2着)とラジオNIKKEI杯(2着ゴールドシップ、3着グランデッツァ)の結果がレベルの高さがわかる。唯一の不安点は、外枠と前走の朝日杯が急流でマイル戦だったことで、掛からないかが心配。
アーデント・・・中山千八未勝利の勝ち時計は優秀も、時計の出る馬場だったので鵜呑みにはできない。前走、マイルでも掛かり気味だった気性が大外枠で心配な材料。
以下、印です。
◎ブライトライン
○マイネルロブスト
▲マナウス
△キープビリービング
△ベストディール
×カフェコンセール
×レッドシャンクス
×ジョウノバッカス
×プーラヴィーダ
×コスモアンドロメダ
×アドマイヤブルー
前日までは、マイネル本命の予定でしたが、
外枠とマイルからの距離延長で掛かりグセがでないかが心配になり、評価落としました^^;
馬券は、上位5頭の馬単ボックス、3連単を手広く買います。

2012 ネモフィラ賞 予想と馬券

管理人なっちです。どもども。
小倉のネモフィラ賞の予想です。
3~4コーナーのスパイラルカーブを上手に回ってこれそうな馬から。
◎ 7 マイネアルナイル
○ 2 デルマイザナミ
▲ 5 メイショウダビンチ
△10 ビービージャパン

馬単ボックスで勝負です^^

2012 フェアリーS 予想 ◎トーセンベニザクラ

管理人なっちです。
昨日の勝負レース、寒竹賞は、本命カドマツ的中も、相手抜けと幸先悪いスタート。
が、しかし、手抜き予想のシンザン記念が一応的中。
◎プレミアムブルーの複勝8.2倍を1万円買ってたので、なんとかプラス発進^^;
さて、フェアリーSの予想です。
ここ2年のレースをみると、前半から中盤にかけ激流のガチンコ勝負。
管理人の好む競馬なんですが。
今年のメンバを見ると、これといった逃げ馬が不在。内枠引いた3番ニケくらいのも。
そうすると、自然とペースが落ち着いてしまいそう。
超スローとまではいかないが、平均よりも緩い流れのような。
でも、激流になっても拾えるような予想をしました。
以下、各馬のコメント^^
ターフデライト・・・特に強調材料なし。
ラミアプリマベーラ・・・同じ舞台のひいらぎ賞で、厳しい流れを押し上げて0.5秒差9着なら、少し緩めば圏内。
ニケ・・・特に強調材料なし。
ダイワミストレス・・・東京ダ千四の新馬戦の時計と内容が優秀。初芝の黒松賞(中山千二)は、スタートで立ち遅れて4馬身くらいの不利を巻き返すハナ差2着。
マイネエポナ・・・特に強調材料なし。
メイブリーズ・・・札幌千五未勝利勝ちが水準以上。ホープフルS9着も着差は0.4秒、牡馬相手にもまれて、たたき2走目。
アイスフォーリス・・・中山千八未勝利2着が水準以上。葉牡丹賞(中山二千)6着は、不良馬場で評価難しいが、2着馬が昨日の寒竹賞を逃げ切り勝ち。
トーセンベニザクラ・・・赤松賞(東京千六)勝ちも勿論優秀だが、中山千六未勝利2着が、高速馬場で先行有利な中、最後方から展開不利をはねのける1頭だけ別次元の末脚。どんな展開でも確実に差してくる末脚が強みで、安定感十分。前走は太め残りとの陣営コメントを信じる。
パストフォリア・・・赤松賞(東京千六)2着が持続力優秀も、現状2番人気と過剰人気。
フライングバルーン・・・新潟千六未勝利勝ちのように前目で脚を溜められる展開になれば、一気に後続を突き放した脚が魅力。ベゴニア賞は瞬発力勝負で切れ負けも、牡馬にもまれて0.4秒差6着なら。
ラシンティランテ・・・白菊賞(京都千六)勝ちっぷり目立つが、内々ピッタリ回って来て、直線もすんなりと進路がひらいて抜けだしたもの。時計優秀も過信禁物。むしろ、札幌2歳S6着の方を評価する。ただ、11番枠と今回も内に入れるのに苦労しそうで、折り合い面が超心配。
ルネッタアスール・・・東京千六新馬勝ちは、前半から中盤と淀みない流れを中団から差し切ったが、ちょっと上がりの時計が物足りない。でも追えば追うだけ伸びそうなタイプ。
オメガハートランド・・・前走東京千四の500万勝ちは、やや重で評価し辛いが、くるみ賞(東京千四)3着は、直線手綱を引っ張る不利がある中、ゴール前の脚は一番。1・2着馬が朝日杯で2・3着と結果を出してるだけに評価できる。ここ2戦は、千四を使っているが、新馬戦は新潟千八で、中盤から上がりで持続力のある末脚を使っており、距離は伸びた方が良いタイプ。ただ、外枠が。
サルバドールピアス・・・赤松賞13着、黒松賞7着と買い材料がないが、札幌千五の未勝利戦が馬場悪い中、淀みない展開で逃げて粘り強い末脚。思い切った逃げの手に出れば面白い。
シャンボールフィズ・・・東京千六の新馬戦圧勝も時計や内容的な協調材料なし。レベル高い白菊賞(京都千六)4着も、外枠で過剰人気だと買い辛い。
チェリーメドゥーサ・・・同舞台のひいらぎ賞(中山千六)勝ちが、前半から中盤と厳しい流れを差し切ったもの。ただ、完全に前が止まって展開が味方したようにも見える。急流になれば浮上も、外枠が。
以下、印です^^
◎トーセンベニザクラ
○ダイワミストレス
▲フライングバルーン
△メイブリーズ
△オメガハートランド
×アイスフォーリス
×サルバドールピアス
×ラミアプリマベーラ
×パストフォリア
×チェリーメドゥーサ
ペース関係なく、確実に差してくるトーセンベニザクラを本命。
勝ち切るというより、3着までには確実にきそうという◎です。
上位5頭の馬単ボックス、◎軸の馬単と3連単、その他少々。
今日は、かなりガチ予想ですが、正直、難しいです。このレース(^^;)

2012 シンザン記念 手抜き予想(笑)

管理人なっちです。
今日は、1つ前に書いた寒竹賞に力を使い果たしたので^^;
シンザン記念は、手抜き予想です。
◎プレミアムブルー
○トウケイヘイロー
プレミアムブルーの黄菊賞2着が相当優秀。
淀みない流れを2番手で積極的に追走して、ゴールまでバテずに伸びた内容は負けて強し。
過去の朝日杯の中でも1番と言えるような厳しい流れを2~3番手追走のトウケイヘイロー。
勝ったアルフレードよりも前で競馬しての4着は、ここでは抜けた存在。
印の2頭以外の馬のデータやレースは見切れてません^^;
はい。手抜き予想です(笑)
◎の単勝と、◎○2頭軸マルチの3連単で勝負です^^

2012 寒竹賞 予想

管理人なっちです。ども。
今日の勝負レースは、寒竹賞。
今年初の馬券でもあります^^
中山二千は、管理人の結構好きな舞台なので。
寒竹賞は、明け3歳で淀みない厳しいレースになる傾向があります。
(昨年だけは、中盤緩んだ上がりの競馬ですが・・・)
そんなレースで、超スローの新馬勝ち馬(1戦1勝)2頭が、1・3番人気と過剰人気。
絶好の狙い目レースです^^
ジョングルール、ミステリーコードをバッサリ切ります。
◎メイショウカドマツ
○リアルフレア
▲スプリングピース
△キープビリービング
△セコンドピアット
△コスモパルダ
×ブライアンズオーラ
×アドマイヤリーフ
×ステルミナート
上がりの掛かる厳しい展開を経験している馬を上位に。
今年の初馬券でガッツリ回収したいところです^^

上村騎手は、なぜ止めなかったのだろうか?アドマイヤコスモス

管理人なっちです。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします^^
POGも後半戦に入りましたが、皆で楽しみましょうねー
さて、皆さま、年初めの東西金杯は、いかがでしたでしょうか?
管理人は、用事で馬券を買えなかったので、夜にJRAのホームページで結果をみました。
で、すごく違和感があったのが、アドマイヤコスモスの16着。
まぁ、競馬なので、断然1番人気の馬が最下位に負けることだってあります。
でも、1着のフェデラリストの勝ちタイムが1:59.4、アドマイヤコスモスのタイムが2:08.1。
明らかに何かあったんだろうなと思えるものですよね。
案の定、右第3中手骨複骨折。
前述した違和感というのは、なぜ、上村騎手がレースを止めなかったのか?
↓上村騎手のレース後のコメントです。
「返し馬では普通でしたが、2コーナーに入る時に硬さを感じ、3コーナーでは、まずいなという感じでした。右前脚を故障してしまったようです」
あきらかに異常を検知していて、3コーナーくらいから追ってないのに。
馬のことを考えると、止めるべきだと思うんですけどね。
あ、上村騎手を攻めるつもりはありませんよ。
この辺は、ジョッキーも判断が難しいところなんでしょうけど、10秒近い差でゴールするくらいなら、早く止めて、下馬してあげればよかったんじゃ?と個人的には思います。
↓この横山騎手と四位騎手の対談を読むと
http://www.glassracetrack.com/blog/2012/01/post-78e2.html
尚、そう思ってしまいますね。
(追記)
上村騎手も色々と考えての結果のようですね。
↓自身のブログで心境を書かれてました。
http://ameblo.jp/uechin-hitorigoto/entry-11129100302.html